スポンサーサイト

ボストン行きの切符を手にして

今年に入って急にボストン行きの話が湧いてきたボストンか日本かイギリスか 与えられた選択肢は3つボストンに行けばなにがあるのだろうか?日本にいれば何か進むのだろうか?はたまたイギリスか?MDとして全て三者三様のキャリアパスだった。公衆衛生に以前から興味があったので選択肢を与えられた2言目には『行かせてください』と言っていた。さてVISAも出たことだし一層奮起しよう。...

エサに釣られたインターン

外科研修中ヒマな医龍の日曜日をドラマ仕立てでどうぞ(*^^*)カーテンのない病院の寮でぼーっとテレビを見ているのもつまらなくなり病院に患者さんの容態を見に行こうかな〜と迷いながらかれこれ2時間 松本人志に夢中になってたらiPhoneに知らない番号からの着信📞誰だ?こんな日曜の真っ昼間に。。。出るか?出ないか?医龍 『もしもし。。。』Unknown『先生!来れる?95歳ネクローシスなんだよね。研修医の先生捕まんなくてさ』誰...

医師国家試験 海外組結果

2016年の医師国家試験の合格率が予備校のMACにデータとして上がってましたのでそこから最近の傾向を読み解きましょう(*^^*)まずは結果です。investigated by MAC皆さん御存知の通り日本の医師国家試験は90%を合格ラインとしているいわば、相対評価での試験ですね噂では新卒と既卒は採点(基準)が違うとか言う話も聞いたことがありますが基本的には新卒は90%になるようにCUTLINEが設けられてるようですね上のChartから見れるよう...

フィリピンの医療制度を考える

フィリピンの医療制度について考察する機会があったのでここにAbstractとして記しておきたい。フィリピンの医療事情は昨今、改善傾向にある。その大きな理由としては国民皆保険制度 Philhealth を基軸として民間の保険などが平行し医療の向上に寄与しているとかんがえられるからではないだろうか。ただ、Philhealth は原則的に入院のみをカバーしてお り多くの外来診療に関しては自己負担となっている点なども日本の国民皆保険制 ...

Philippineの周産期の不思議

フィリピンの周産期に関する資料に目を通していて不思議に思うことがあったので一部をココに記載。Neonatal and child Health ProfileDemographics and information systemUnder-five population 11,334,354Number of birth 2,403,943Birth registration coverage 90Coverage of vital registration on cause of death 92Health status indicatorsStillbirth rate per 1,000 total births 16.0Neonatal mortality rate per 1,000 l...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。