スポンサーサイト

海外のメディカルスクールで学ぶという選択

今年、欧州の医学部に入学した友人がいる。そんな彼から久々にLINE電話があった。時差があるのでわざわざ時間を合わせてかけてきてくれたというからありがたい。また、最近はネットワークさえあればいつでもどこでも何時間でも無料でコンタクトできる。この時代に感謝カンゲキである。彼の経歴も実に面白いがその話の中で欧州で医学を勉強している日本人学生の量にも驚かされた。欧州に日本人医学生が数百人規模でいるという。これ...

ECFMGの動向は厚生労働省の意向にどう関係する?

ECFMG が2010年に発表した2023年以降のUS医師免許取得要項の変更により日本の医学部を卒業してもUSMLEの受験資格に達しないという危機を迎え各医学部は臨床実習(BSL)の時間を増やす方向性を示している。Medical School Accreditation Requirement for ECFMG Certification日本の医療水準は未だTOPクラスを走ってはいるものの学生期間における臨床経験の未熟さから、USの医師免許取得基準に達しないということで世界基準から外れ...

ダブルスタンダード

おそらく日本人で初めてだろう僕は日本の医学部から海外のメディカルスクールに編入した。英語ができたのかといえばNOだ!自信のない受験英語と海外旅行で鍛えたボディーランゲージのみ。日本の医学部にいた頃確かにUSMLE(アメリカの医師免許)を夢見た日はあったがUSMLEの受験要項のサイトを開いて5秒も経たず閉じたのを覚えているでは何故ここにいるのか。お世話になっている先輩医師からうらやましい選択だと言われたりもする...

患者のレビューが将来に

院長のはからいで急な申し出にもかかわらず有名なファミリークリニックで数日研修させて貰う機会に恵まれた。その時は慌ただしく過ぎたため診療中はメモ程度しか綴ることが出来なかったがここ数日、時間を見つけて見せて頂いた患者の病状などをメモをもとに自分なりに書き出してみた。意外と覚えているものであ!そういえば!そうだ!エコー画像はたしかこうだったなど回想することが出来た。そのクリニックについてはまた時間があ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。