スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ECFMGの動向は厚生労働省の意向にどう関係する?

ECFMG が2010年に発表した2023年以降の
US医師免許取得要項の変更により
日本の医学部を卒業してもUSMLEの受験資格に達しないという
危機を迎え各医学部は臨床実習(BSL)の時間を増やす方向性を示している。
Medical School Accreditation Requirement for ECFMG Certification

日本の医療水準は未だTOPクラスを走ってはいるものの
学生期間における臨床経験の未熟さから、USの医師免許取得基準に
達しないということで世界基準から外れてしまうのは勿体無い。

私のように
海外のメディカルスクールで学んでいる者からするとECFMGの動向は
外せない。
USMLEを取得するにしても
日本に帰って医師免許を取得するにしても
ECFMGの動向は厚生労働省の意向に直結するだろうからだ。

外国の医学部・メディカルスクールを卒業したものに対する
日本の医師免許取得は
厚生労働省の判断次第かつブラックボックスだから
日本で働きたい外国人の医師免許獲得はまだまだ遠い道のりだろう。

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。